2013年11月26日

金融庁、TIBORなど金融指標の規制のあり方で検討会開催へ

金融庁、TIBORなど金融指標の規制のあり方で検討会開催へ

ロイター 11月26日(火)18時2分配信

[東京 26日 ロイター] -金融庁は26日、東京銀行間取引金利(TIBOR)などの金融指標について、国際的な動向を踏まえた規制の枠組みについての検討会を開催することを明らかにした。

各国の証券当局者の集まりである証券監督者国際機構(IOSCO)が金融指標の扱いについての原則をまとめたり、欧米で金融指標をめぐる規制が見直されるなどしており、日本も平仄(ひょうそく)を合わせる。

開催するのは「金融指標の規制のあり方に関する検討会」で、座長に慶応義塾大学経済学部教授の池尾和人氏が就く。メンバーは、銀行界や証券界、法曹界などの実務家が中心で全12人。検討会自体は非公開で、議事要旨を公表する。初回会合は28日で、報告書の取りまとめ時期は未定としている。



失業保険・健康保険などの手続きを理解せずに退職してしまった男の悲しい事実!!



ここでは退職に関する情報をできるだけ紹介しています。それはひとえに退職するときに不安を少しでも減らしたいがためです。
退職するタイミングも誤れば、支給される失業手当なども少なくなってしまいます。せっかく退職するのですから自分の環境を整理して万全の形で退職したいですよね。
若い方は、上司とケンカしてすぐ辞めてしまう方もいらっしゃるのかもしれませんが、その前に、このホームページをご覧になって考えてみてください。啖呵をきって退職するのは気分がいいものかもしれませんが、そのときだけです。
退職を考えている皆様、どうかこのホームページを参考にして後悔のない、退職をして下さい。



失業保険・健康保険などの手続きを理解せずに退職してしまった男の悲しい事実!!
posted by mithihiro at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。