2013年11月26日

容疑者は元毛沢東主義者=思想通じ被害者に出会う―女性3人監禁事件・英

容疑者は元毛沢東主義者=思想通じ被害者に出会う―女性3人監禁事件・英

時事通信 11月26日(火)15時4分配信

 【ロンドン時事】ロンドン南部で女性3人が30年にわたり監禁されていたとされる事件で、これまでの警察発表や英メディアの報道によれば、容疑者の男女が1970年代、極左の毛沢東主義共同体に属し、被害者のうち2人とは、こうした政治思想を通じて出会ったとみられることが分かった。今回のケースは「過去最悪の監禁事件」として国民に衝撃を与えたが、不可解な点も多く、全容解明には時間がかかりそうだ。
 容疑者はインド系の夫(73)とタンザニア系の妻(67)。21日にいったん逮捕されたが、取り調べ後に保釈された。夫婦は70年代にも逮捕されたことがある。その後共同体はある時点で消滅したが、3人の女性は夫婦と一緒に住み続けたと警察はみている。
 被害女性は、容疑者と一緒に外出することもあるなど、厳格に監禁されていたわけではないという。精神的、肉体的な虐待で「洗脳」され、逃げられない状態だったとみられている。
 異常を認めた地元当局が何度か容疑者と接触したが、強制的な措置は被害女性側が拒否したため取れなかったという。先月になって被害者の一人であるアイルランド人女性(57)が人権団体に電話したことが3人の解放につながった。
 被害者で最も若い30歳の女性は、共同体で生まれたとみられるが、身元はなおはっきりしない。この女性は同じアパートの階上に住む男性(26)らに宛てて8年にわたり500通もの手紙を投函(とうかん)していたという。ある手紙では、自らを「クモの巣に捕らわれたハエ」に例えているが、一方で「警察に通報しないでほしい」と懇願している。 



失業保険・健康保険などの手続きを理解せずに退職してしまった男の悲しい事実!!



ここでは退職に関する情報をできるだけ紹介しています。それはひとえに退職するときに不安を少しでも減らしたいがためです。
退職するタイミングも誤れば、支給される失業手当なども少なくなってしまいます。せっかく退職するのですから自分の環境を整理して万全の形で退職したいですよね。
若い方は、上司とケンカしてすぐ辞めてしまう方もいらっしゃるのかもしれませんが、その前に、このホームページをご覧になって考えてみてください。啖呵をきって退職するのは気分がいいものかもしれませんが、そのときだけです。
退職を考えている皆様、どうかこのホームページを参考にして後悔のない、退職をして下さい。



失業保険・健康保険などの手続きを理解せずに退職してしまった男の悲しい事実!!
posted by mithihiro at 16:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。