2013年11月26日

NISA口座の変更が毎年可能に、税制改正大綱で明記=政府筋

NISA口座の変更が毎年可能に、税制改正大綱で明記=政府筋

ロイター 11月26日(火)12時29分配信

[東京 26日 ロイター] -政府、与党は26日、NISA(少額投資非課税制度)の口座を開設する金融機関を1年単位で変更できるようにする利便性向上策を、12月にまとめる2014年度税制改正大綱に盛り込む方向で検討に入った。政府筋が明らかにした。

来年1月から始まるNISAは、今年10月から口座開設が解禁され、口座開設から最長4年間、金融機関を変更できない。投資家がより自由に商品を選べるよう利便性を向上させ、制度の普及、定着を図るのが狙いだ。

また、NISA口座は廃止した時点から4年間、再び開設することができないが、利便性向上策が適用されれば、その翌年以降に開設できるようにする。

この利便性向上策は今年8月に金融庁から要望が上がっていた。税制改正作業の中で見直しを本格化させ、市場の拡大を促す。



失業保険・健康保険などの手続きを理解せずに退職してしまった男の悲しい事実!!



ここでは退職に関する情報をできるだけ紹介しています。それはひとえに退職するときに不安を少しでも減らしたいがためです。
退職するタイミングも誤れば、支給される失業手当なども少なくなってしまいます。せっかく退職するのですから自分の環境を整理して万全の形で退職したいですよね。
若い方は、上司とケンカしてすぐ辞めてしまう方もいらっしゃるのかもしれませんが、その前に、このホームページをご覧になって考えてみてください。啖呵をきって退職するのは気分がいいものかもしれませんが、そのときだけです。
退職を考えている皆様、どうかこのホームページを参考にして後悔のない、退職をして下さい。



失業保険・健康保険などの手続きを理解せずに退職してしまった男の悲しい事実!!
posted by mithihiro at 16:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。