2013年04月30日

ヤマダ電機、全取締役降格…山田会長は社長復帰

ヤマダ電機、全取締役降格…山田会長は社長復帰

読売新聞 4月30日(火)19時42分配信

 家電量販店最大手のヤマダ電機は30日、創業者の山田昇会長(70)が6月27日付で社長に復帰する人事を発表した。

 一宮忠男社長(57)は代表権のある副社長に降格し、全取締役の役職を一段階下げる。会長は空席とする。異例の人事について同社経営企画室は「業績の悪化を反省し、新年度の事業計画を達成するための措置」と説明している。

 ヤマダは、薄型テレビの販売不振などが響き、2013年3月期連結決算の税引き後利益が2月時点の予想より120億円少ない220億円となる見込み。株主への年間配当も当初予定より16円減らして60円とするなど、業績の不振が鮮明となっている。

 山田氏の社長復帰は5年ぶり。新たな収益の柱と位置づける住宅事業や、昨年買収したベスト電器との共同仕入れによるコスト削減など、山田氏主導で業績改善を目指す。



失業保険・健康保険などの手続きを理解せずに退職してしまった男の悲しい事実!!



ここでは退職に関する情報をできるだけ紹介しています。それはひとえに退職するときに不安を少しでも減らしたいがためです。
退職するタイミングも誤れば、支給される失業手当なども少なくなってしまいます。せっかく退職するのですから自分の環境を整理して万全の形で退職したいですよね。
若い方は、上司とケンカしてすぐ辞めてしまう方もいらっしゃるのかもしれませんが、その前に、このホームページをご覧になって考えてみてください。啖呵をきって退職するのは気分がいいものかもしれませんが、そのときだけです。
退職を考えている皆様、どうかこのホームページを参考にして後悔のない、退職をして下さい。



失業保険・健康保険などの手続きを理解せずに退職してしまった男の悲しい事実!!
posted by mithihiro at 22:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英蘭ユニリーバ、インド子会社への出資比率引き上げへ

英蘭ユニリーバ、インド子会社への出資比率引き上げへ

ロイター 4月30日(火)14時33分配信

[ムンバイ 30日 ロイター] 英蘭系日用品大手ユニリーバ<ULVR.L><UNc.AS>は株式の公開買い付けを通じて、インドの子会社、ヒンドゥスタン・ユニリーバ<HLL.NS>の全株式の22.52%に相当する約4億8700万株を取得する方針。出資比率は最大75%に高まる見込み。

今回の株式取得の案件を扱っているHSBS証券とキャピタル・マーケッツが証券取引所に提出した文書によると、ユニリーバは、ヒンドゥスタンの株式を1株当たり600ルピー(約11ドル)で取得する方針で、これは29日のヒンドゥスタン株の終値に約20.6%上乗せした水準。取得総額は約54億ドルとなる。

ユニリーバのポール・ポルマン最高経営責任者は声明で、「新興市場に投資するユニリーバの戦略を前進させ、既存株主にとって魅力的なプレミアムだと信じる流動性の機会を提供するもの」とコメントしている。

インドでは法律で上場企業に対し、最低25%の株式を公開するよう義務付けている。取引は2013年6月に始まる見込み。

*情報を追加して再送します。



失業保険・健康保険などの手続きを理解せずに退職してしまった男の悲しい事実!!



ここでは退職に関する情報をできるだけ紹介しています。それはひとえに退職するときに不安を少しでも減らしたいがためです。
退職するタイミングも誤れば、支給される失業手当なども少なくなってしまいます。せっかく退職するのですから自分の環境を整理して万全の形で退職したいですよね。
若い方は、上司とケンカしてすぐ辞めてしまう方もいらっしゃるのかもしれませんが、その前に、このホームページをご覧になって考えてみてください。啖呵をきって退職するのは気分がいいものかもしれませんが、そのときだけです。
退職を考えている皆様、どうかこのホームページを参考にして後悔のない、退職をして下さい。



失業保険・健康保険などの手続きを理解せずに退職してしまった男の悲しい事実!!
posted by mithihiro at 16:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北、土壇場の撤収妨害…韓国は当面強硬対応

北、土壇場の撤収妨害…韓国は当面強硬対応

読売新聞 4月30日(火)8時13分配信

 【ソウル=中川孝之】北朝鮮南部の「開城(ケソン)工業団地」から29日、撤収予定だった韓国政府関係者ら50人のうち、北朝鮮が7人の帰還を許可しない措置を取ったのは、韓国に対する揺さぶりの一環とみられる。

 北朝鮮の一方的な立ち入り禁止措置から始まった今回の事態に、韓国の朴槿恵(パククネ)政権は全員撤収の完了後も譲歩しない構えで、南北の決裂状態が長期化する可能性がある。

 韓国統一省などによると、韓国人50人は29日午後5時に帰還予定だったが、北朝鮮は同9時頃、7人を不許可とすると通告してきた。

 北朝鮮はこれまで、韓国人撤収について、身辺の安全など「全ての人道主義的措置」について「我々が責任を持って講じる」と表明していた。土壇場になって妨害措置を取った形だ。

 北朝鮮の労働新聞は29日、「(韓国が)団地を完全閉鎖の危機に陥れた」と責任を転嫁してみせた。韓国の対応次第で「決定的な措置を取る」とも主張しており、韓国人全員の撤収が完了しても、同団地への軍の進駐に踏み切るなど、一層の揺さぶりをかける恐れもある。

 これに対し、朴政権は、「北朝鮮の誤った行動に対価を与えない」との方針のもと、当面は強硬対応を続ける構えだ。



失業保険・健康保険などの手続きを理解せずに退職してしまった男の悲しい事実!!



ここでは退職に関する情報をできるだけ紹介しています。それはひとえに退職するときに不安を少しでも減らしたいがためです。
退職するタイミングも誤れば、支給される失業手当なども少なくなってしまいます。せっかく退職するのですから自分の環境を整理して万全の形で退職したいですよね。
若い方は、上司とケンカしてすぐ辞めてしまう方もいらっしゃるのかもしれませんが、その前に、このホームページをご覧になって考えてみてください。啖呵をきって退職するのは気分がいいものかもしれませんが、そのときだけです。
退職を考えている皆様、どうかこのホームページを参考にして後悔のない、退職をして下さい。



失業保険・健康保険などの手続きを理解せずに退職してしまった男の悲しい事実!!
posted by mithihiro at 10:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。